健康維持のための睡眠

健康に良い睡眠時間とは

健康に良いとされる睡眠時間

たっぷりと質の良い睡眠をとることは、健康に良いだけでなく肌にとっても大変良いことです。人間は寝ている間に体の様々な部分の修復を行うため、ぐっすりと眠れば眠るほどダメージを修復することができるのです。そのため、ニキビなどの肌トラブルを改善したければ夜更かしをせずにちゃんと眠るようにしましょう。そうすれば、頑固な肌荒れも通常より早く治る可能性があります。また、一般的に健康に良いと言われている睡眠は約6~7時間程度で、これ以上長く寝てしまった場合には体調を崩しやすくなることもあるため十分気を付けるようにしましょう。

快適な睡眠による体への効果

人生における睡眠は生涯の三分の一と言われています。自分は夜型と思い込んでいる方もいますが、そうではありません。人には体内時計があり、夜きちんと快眠することで、昼間受けた心身のダメージや疲労を修復して翌朝スッキリすることができるのです。逆にきちんと眠ることができないと、疲労を回復することができないため、免疫力も低下して体調を崩しやすくなってしまいます。また、精神的にもイライラしやすくなってしまいます。このように睡眠は健康に大きく関係しています。そのため健康を維持するなら、まずはきちんと眠ることが必要です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 健康に影響する睡眠障害 All rights reserved