健康に良い睡眠とは

質の良い睡眠で健康体に

健康的な生活は睡眠の質から

夜にしっかり寝ることは明日の活力を生み、意欲的な生活に繋がります。しかし近年の日本人は睡眠時間が短く、また年齢を重ねるにつれ質も低下していることが報告されています。これに伴い健康的な生活に支障が出ている方もいます。睡眠の質を高めるためには朝が大切です。朝一に日光をしっかり浴び、朝ごはんをしっかり食べることが重要です。健康のためにはお昼寝も効果的で15時までに15分程度のお昼寝が推奨されています。それ以降はカフェイン摂取を止めることやスマホやパソコンの使用を抑え、リラックスした状態にすることにより夜寝やすくなります。

睡眠時間と能率について

睡眠時間を削り、それで生まれた余白を勉強や仕事に費やす方々がいます。夜、寝る時間を削減すれば、確かに活動時間は増加します。時間を有効に活用すれば、学業やビジネスの成果はアップしますので、一見すると合理的な対策になります。しかし、睡眠を毎晩削り続けると、健康に害が及びます。人の健康維持には最低でも毎晩八時間前後の寝る時間が要ります。慢性的に寝る時間を削ると、脳が休む事が無くなり、普段から精神的に不安定な日々が続きます。いくら目が開いていても、脳のポテンシャルがいまいちでは返って学業の成果が落ちます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 健康に影響する睡眠障害 All rights reserved